2006年11月15日

長女「あきら」の事情

長女「あきら」に習慣付けしている、「玄関の靴並べ&掃除」と「お風呂掃除」に、現在報酬を発生させています。

もちろん、報酬目当てで靴を並べたり、掃除したりするようにはなって欲しくはないので、掃除してくれることに関して、感謝の意や、嬉しい気持ち、ねぎらいの言葉をちゃんと表現して伝えるように心掛けてはいますが、今回報酬を発生させることになった原因は、「あかね」が、自ら稼いだお金で、本を弁償するためです。

実は、この長女「あけちゃん」。
一度、学校の図書館から借りてきた本を、紛失してしまいました。

学校に居る間に失くしたのか?
帰りがけ、お友達の家に寄り道して失くしたのか?
公園で遊んでいる最中に失くしたのか?
それとも、家で失くしたのか?

とことん探させたのですが、まったく見付かりませんでした。
家の中も、近所の公園も、お友達の家も、学校の中も探したけれどやはり見付からないので、妻と相談して、「あけちゃん」が、一所懸命貯めたお金を使って弁償するのが、一番いいのではないか?という結論に行き着いたので、先生にも事情と、意図を話して「それまで待つ」と、許可を貰いました。

さて、玄関の靴並べと玄関〜階段掃除は、パパママから指摘される前に、すれば、¥20。
指摘されてからした場合は、¥10。
お風呂掃除は、¥10という取り決めです。


まだまだ先は長いなぁ・・・^^;


頑張れ!「あけちゃん」!!






posted by 大塚陽一 at 18:09 | Comment(2) | 子供
この記事へのコメント
親が、自分の失敗を後始末する方策を示してやるところもですが、先生がその方針を理解して協力してくださると言うのは、すごくいい環境ですね。いつもブログで何気なく書かれる出来事に、うまい育児をしてらっしゃるなあと感心してしまいます。
Posted by たまごんた at 2006年11月16日 17:12
ご無沙汰しています。ごんたさん。
ありがとうございます。
でも、いつもぶっつけ本番で、内心ヒヤヒヤものですよ。どこのパパさんママさんも同じでしょうけどね。
子供も兄弟で、ひとりひとり違いますから、それぞれに同じやり方が、通用しなかったりしますしね。
Posted by 大塚陽一 at 2006年11月18日 23:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。