2006年11月23日

そして、敬愛する故ケネディ大統領の命日です。

aj0005.jpg
さて・・・ケネディが、亡くなってから、もう43年ですか。
もちろん俺が生まれる前のことです・・・俺を含めて、年代を問わず、未だにケネディ人気は、すごいものがあります。
それはなぜでしょうか?

ケネディは、暗殺されなかったら、あんなに人気が無かっただろうという評論家がいます。
その理由は、これといった実績を残していないからだそうです。
確かに何もかも、道半ばでした。
結果が出る前に・・・結果に結び付く前に・・・彼は逝ってしまいました。
そして、「彼の遺志を継いで・・・」と言いながら、彼の後継者たちは、明らかに彼が、避けたであろう選択ばかりしました。

彼は、生前、嘘をつきませんでした。
そして、明らかに自ら負わずともよい責任まで、自ら負っていました。
だから、もし、彼が生きていたら、彼は必ず公約を守った筈だと。そう信じている人が多いのです。
彼の人気は、そういうところからくるのではないでしょうか?
Eisenhower_and_Kennedy.jpg
彼は、自ら正しいと信じる事を、何ものをも恐れず行なう事ができた、史上初の、そして恐らくは最後の大統領ではなかったでしょうか?だから暗殺されたんですけどね。
ケネディは、プレッシャーの中でこそ、ユーモアと、優雅さを発揮する稀有な人でした。
そんな政治家が、他にいるでしょうか?

ネガティブ・キャンペーンしか能がないですからね。

筆がノッてきてので、ここで、選挙キャンペーン中のケネディのエピソードをひとつ。
B5BA5B1A5CDA5C7A5A35D5D_A3EAA3E6A3EB30312E6A7067.jpg
ニクソンが、膝の傷で入院中の時、ケネディはニクソンが入院中は、決して遊説中に、彼の名を出さないと公言していましたが、ある記者が
「ケネディ上院議員(当時)、ニクソン氏は未だ入院中ですが、いつ頃から彼に対する攻撃を再開するおつもりですか?」
という質問をしたのですが、これに対して、ケネディは、
「以前から言っているように、私は彼が入院中は、彼を褒め称えることが出来る以外は、彼の名を口にしない。だから今も彼の名を出せない
と応えたそうです。

どうですか?
これほどウィットにとんだ切り替えしが出来る方がいらっしゃるでしょうか?

それと、小泉さんも、すごいコメントセンスを持っていますが、ちょっとケネディとはレベルが違う事が、この一つのエピソードだけでも、お気づきになられると思います。

う〜ん・・・ケネディに関しては、話し出すと止まらなくなるのですが、今日はこの辺りで・・・
また今度、宜しくお願いします。


main06.jpg



posted by 大塚陽一 at 01:38 | Comment(0) | 独り言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。