2006年11月26日

♪アメリカの没落は、本当か〜!?本当なのっか〜!?その1

世界情勢に詳しい専門家でなくとも、今や、アメリカの没落は免れないと言っていますね。
成功曲線でも、衰退に入っていると・・・

それは本当なのでしょうか?

いや、アメリカの没落も、成功曲線が衰退期に入っているのも、本当だと思います。
それが、実際に形として現れて・・・

中間選挙でブッシュの共和党が大敗しました。
致命傷は「イラク問題」
そして、ブッシュの外交政策を振り返ってみると問題だらけ。
フセインがユーロで石油を売り始めたら、「攻撃してドルに戻す!」
プーチンがユコス買収を邪魔したら、「旧ソ連諸国で革命を起こして、ロシアを封じ込めちまえ!」
・・・ただの我が侭な、いじめっ子^▽^;
もうすぐ石油が枯渇するアメリカは、石油を絶対的に必要としています。
しかし、石油があるサウジ・クウェート・アラブ首長国連邦・イラン・ロシア・カザフスタン・アゼルバイジャン・ベネズエラ・・・すごいメンバーでしょ^▽^
段々と西側諸国も、ソッポを向きだしています。
八方塞りで、自分の首を締めていますね。




表向きは・・・



ちょ、と話は変わりますが・・・

日本は、今、空前の「独立」「副業」「成功」ブーム真っ只中です!
特に、オンライン上では、どこもかしこも、成功!成功!!成功!!!
情報販売商材のほとんどが、成功法則!お金儲けの法則!!
本屋も、成功法則本が花盛り^▽^

いや、いいんですよ。
俺も、「ご多忙パパのリスクマネジメント」で、副業を進めている位ですから^▽^

ただ、ここで注目してもらいたいのは、この巷で、流通している「成功法則」のほとんどが、アメリカ発だということです!
まぁ、民主主義の旗手というよりも、資本主義の旗手ですからね・・・当たり前と言えば当たり前かも^▽^;

ただ、先程出た成功曲線も、アメリカ発成功法則の中では、当たり前に常識として語られている事です。
なのに、この体たらくというのは、解せません。
言ってみれば、成功法則の達人たちが大勢いる筈のアメリカで、ただ指を咥えて見ているだけなのだろうか?
普通、成功曲線の中で、自社や自社の主要商品が、衰退期に入った時は、新商品を開発して、衰退期の上から、新しい成功曲線を描いたりするものなのです。

なのに、今のアメリカは、無駄な手ばかりを選んで打っているような気がします。

え?ブッシュ大統領が、無能だからじゃないか?ですって?

はい。確かに、ダブヤ・ブッシュ大統領は、○○○ですね。
200px-George-W-Bush.jpeg
写真を見ると、大体その被写体になった人の知的レベルが、量れるものですが、どうですか?
この写真は、もちろん普通にメディア(よそ行き)用に撮影されたものですよ。
どうですか?
滲み出ていますね^▽^;
200px-George_H._W._Bush,_President_of_the_United_States,_1989_official_portrait.jpg
パパの方が、まだまし。
私の敬愛するケネディと比べてみて下さい。
200px-John_F_Kennedy.jpg
はい。そのレベルの違いは歴然としていますね。

おっと・・・また脱線してしまいましたね。ごめんなさい^^;

えっと・・・ああ、>確かに、ダブヤ・ブッシュ大統領は、○○○ですね。
というところまで話しましたね。
もちろんそうですよ。
ただ、私が言いたいのは、アメリカの成功者達のことを言っているのですよ。

ちょ、と、想像してみて下さい。

大統領には、任期というものがあります。
これは、同じ人間に、ずっと権力が集中することの危険性を考えた民主主義の精一杯の制度です。
任期に応じて、国民は、大統領を選ぶことになります。
だから、国にとって、国民にとって、メリットのあることをしないと、デメリットになることをしてしまうと、大統領で居続けられませんね。

しかし、成功者で、億万長者はどうでしょうか?
会社のオーナーに、任期はありますか?
ね?
権力が、半永久的に、ず〜っと集中したままでしょ?
片や、国民に選ばれたからといって、大統領なりたての坊やに、国の舵取りを、本当にまる投げで、任せる気になりますか?
もちろん、経験や専門知識ではなく、大統領はリーダーシップや、ビジョン、行動力などを買われて当選したのですから、成功者や、経験豊かな方たちは、大統領のブレーンとなって、サポートして行けば、いいですよね?
これまでも企業から口説き落とされ、引き抜かれて、大統領のブレーンを務めたという例は多くあります。

しかし、
しかし、もしですよ。
その大統領が、まったく言う事を聴かなくて、自分の思ったとおりの事ばかりやって、古き善き伝統まで破壊しだしたらどうですか?
おっと、また脱線しかかりました^^;

私は、ダブヤは傀儡だと思っています。
ある方々の御用を聴いて、その方々に有益な方向で戦略を練っているのではないか?と、思っています。
当然ダブヤも、価値が無くなれば、切られる運命ではないでしょうか?
前々回の、大統領選の時は、ゴアよりもブッシュの方が、その方々的に良かったから当選したのだと思っています。
何よりもブッシュは、仲間だったし、ゴアは、環境問題にうるさいし、クリントンの時みたいに手間取るわけには行かないから・・・
200px-Al_Gore,_Vice_President_of_the_United_States,_official_portrait_1994.jpg



と、今日はここまで。長くなっちゃったので、続きは、また明日でお願いします!ごめんなさいm(_ _;)m



posted by 大塚陽一 at 16:53 | Comment(0) | ご多忙パパのリスクマネジメント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。