2007年02月01日

我が家のレギュラー調理ツール



我が家は家族全員「」が大好きで、この寒い時期は週に3〜4回は夕食に「」を囲む事になります。


ほとんどが「水炊き」で、4〜5回に一回の割合で「モツ鍋」がローテーションに加わったりします。




この「モツ鍋」のスープがメチャクチャうまいんですよ(≧▽≦)bこれがっ!!

市販のスープをベースに使っているんですけど、それに牛乳とかを混ぜて味の深みを出したりしているようなんですが・・・とにかく妻のこういう味のセンスというのは素晴らしくて、パスタのソースとかハンバーグのソースとか(何かソースばっかり^^;)とにかく何を味付けさせても、必ず一工夫されていて、どんな有名専門店でも味わった事がないような美味しい味付けをしてくれます。


また脱線しました(^▽^;)

これだけ「」ばかりやるので、秋から春にかけてカセットコンロが出しっぱなしになっています。





我が家で活躍する調理ツールの代表がもう一つあるんですが、こっちはカセットコンロと違ってオールシーズン我が家で活躍しています。



それは、



ホットプレートです。



我が家は5人家族ですが、一番小さい「みこと」が離乳食を終えてから一度に作るおかずの量が段々増えていって普通のフライパンや、大きめの中華鍋くらいじゃ調理中に食材が撒き散ってしまうようになってしまいました。


それからなのですが、「鍋」の日以外はほぼホットプレートが頑張ってくれています(^▽^)


以前「大家族」のTV番組を観ていて、食事シーンがありましたが「大家族」でもホットプレートが活躍していましたね。



妻は7人兄弟の長女だから、発想としては自然な流れなんでしょうね(^▽^)



私的には、もう一人くらい欲しいところですが、そうなるともう一回り大きなホットプレートを購入しなければ!ですねf(^▽^;)

posted by 大塚陽一 at 01:11 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。