2007年02月13日

我が子のイジメ問題について:対策編

我が家と同じ編成の娘(長女で一番上)息子(長男で真ん中)娘(次女で末っ子)という三人の子供を女手ひとつで育てている義妹がいるのですが、彼女の長男は今小学校3年生で、生まれた頃から右半身の感覚が麻痺していてうまく使えません。

ですから、ギッチョ(左利き)状態で、左手で箸を使っています。

この間、いっしょに鍋したんですが、その時感心したのは義妹が、この長男を特別扱いせずに両手とも普通に使える子と変らずに扱っているところです。



普通だったら、可哀想に思って
無理しないでいいのよ〜。靴ヒモ結んであげようか?服着せてあげようか?髪洗ってあげるわね〜。はい、あ〜んして〜(#^▽^#)」みたいな。



でも、義妹は基本ほったらかしですよ。

これ、なかなか出来ないですよ。

でも、何でも自分でするようにしないと、いつまでも義妹が面倒みる訳には行かないですからね。

いつかは、結婚もして欲しいし、何より自分の人生を自分で自立して歩んで欲しい。

そういう思いから、心を鬼にしてヒイキしないんですね。





で、私もそうしようと思いました。

何が?って、娘の事ですよ。

「あきら」は、今イジメや仲間はずれにあっていますが、自分の力で何とかお友達とのコミュニケーションを取って、今の環境を自力で変えてしまえるように、信じて見守りたいと思います。

もちろん相談がある時は必ず相談に乗るし、「あきら」の味方であることは変りませんが、私たち夫婦が出張って解決に乗り出す訳には行きません。

これは「あきら」の問題なので、「あきら」自身が解決すべき問題なのです。

「あきら」の問題なら「あきら」に解決できない訳が無い!
私たち夫婦は、「あきら」の味方として、信じて応援し続けることにします。



歯痒いですが、ね。



しかし、今朝も「あけちゃん(あきらのニックネーム)」は一番早く起きて準備していました。

昨日から用意していた髪飾りで、入念におしゃれして、鏡の前でチェックしていました。

その後ろ姿が、切なかったです。

でも、今日も元気に「いってきます!」と言って出かけました。

もし、自分が会社で同じような立場だったら、同じように元気に出社できるかなぁ?って・・・思いました。





頑張れ!「あけちゃん!」

小学生時代というのは、みんな他人とのコミュニケーションの取り方を、手探りしながら身に付けるための時期といえる!

時には傷付き時には傷付けて、互いに丁度良い距離感やコミュニケーションの加減を学んでいくのだ!

諦めずに頑張ろう!

共に笑って乗り越えよう!

パパもママも、お前を信じている。

パパもママも、お前を愛している。

最終的にどうしようもなくなったらいつでも逃げ帰って来い!

また出直せばいいんだから。

みんなも、それほど真剣に避けたり、いじめたりしている訳ではないと思うよ。

きっと、これほどにお前を傷つけているつもりはあるまい。

みんなを許してやろう。

みんなも迷いながら学んでいる途中なのだから。

お前と同じだ。

パパやママとも同じだ。

共に笑いながら学べる事をお前が教えてあげなさい。

パパやママが、お前に教わったように。





あ、そうそう、小太郎の件は・・・


どうも先生が「小太郎」と同レベルで闘っているから大袈裟に騒いでいるようですね。

これは・・・まぁこれこそ放って置いていい問題でしょう(^^;)


posted by 大塚陽一 at 17:48 | Comment(2) | イジメについて
この記事へのコメント
今朝方、大塚さんに会い、「あけちゃんどうなりました?元気ですか?」って聞く夢見ました。お答えがここで聞けてよかったです。

私も、小学校のときに似たようなことがあり、旦那にしか話したことはありませんが、今でもちょっぴりトラウマですね・・・。だから余計あけちゃんのその後が気になったのでしょう。
Posted by tamagonta at 2007年02月14日 23:32
ごんたさん。
コメントありがとうございます。

「あきら」は、いじらしいくらい健気に笑って耐えています。

我が子がこんなに素晴らしい存在だとは、思いませんでした。

親である私の方が学ばされる事ばかりです。

本当に素晴らしい娘です。

私は、毎日話を聴いたり、抱きしめてあげる事しかできませんが、一緒に戦いたいと思います。

Posted by 大塚陽一 at 2007年02月15日 14:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。