2007年02月21日

「小太郎」の親友「らんま」と、夕陽のパワー

200608131733n.jpg

画像の馬は、我が家から芥屋という海水浴場のある海へ行く途中にあるお店で飼われている馬で、長男「小太郎(仮名)」の親友である「らんま」くんです。

「らんま」くんは好きな人や、興味を引くものがあると、つい


あむ


と咬んじゃうようで、「こたくん(小太郎のニックネーム)」が今よりももっと小さい頃は、よく足をあむあむされて怖がっていました(^▽^)



長女「あきら」も「らんま」くんと仲良しで、時々

「馬に会いに行こう♪」

と妻にせがんだりしているようです。



sb4002.jpg
まだ、子供たちが小さくて保育園に預けていない頃、よく家族で芥屋の海岸や、二見ヶ浦の夫婦岩までドライブして、途中で「らんま」くんをひとしきり構った後、子供たちが海岸でドロドロになって遊んでいるのをたしなめながら、妻と二人で水平線に沈む夕陽を観ていました。
200608131902[zVq.jpg
ってピンボケやし(^^;)

そして、帰り道の「牧のうどん」で、うどんを食べて帰るというのがスタンダードでした。
牧のうどん(ウィキペディア)↓↓↓↓↓↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%A7%E3%81%AE%E3%81%86%E3%81%A9%E3%82%93



それにしても夕陽というのは、すごいパワーがあるんですよ。

例えば、愛の告白とかプロポーズとかする時はもってこいですよ!

よく夜景を見ながらが、成功率が高いと言われていますが、夕陽の説得力の前には霞んで見えるくらいでしょう。

きっと、あれは終わり際の輝きだからでしょうね。

ロウソクも、消える寸前に最も輝くといわれます。

夜明け前も、最も闇が深いといわれています。



きっと、それと同じですよね。

もともと生命の源であるエネルギーを与えてくれている存在である太陽。

一日の役目を終えて沈む間際の最後の輝き。

たまらなく綺麗で素敵な光ですよね(^▽^)

夜明けもとても綺麗ですが、やっぱり夕陽の命の輝きには負けちゃいます。
photo08.jpg




あ、あの〜今日は、オチがありませんので・・・



って、いつもオチを用意している訳ではないですけどね(^^;)

posted by 大塚陽一 at 16:07 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。