2007年02月24日

強さは愛だ!

ヒーロー番組の主題歌のメロディやリズム、アレンジは男の子の燃えを引き出すようですね。

長男の「小太郎」は、1〜2歳くらいの頃からヒーロー番組の歌が大好きで、私がアカペラ(というか、鼻唄ですね^^;)で歌ってやるだけでも喜んでいましたし、カラオケで伴奏付のを歌った日にゃ、手を叩いて喜んでいましたよ。

これは、DNAレベルに刷り込まれているのかも知れませんね。

そういえば、子供の頃の私はヒーロー番組の歌やヒーローの生き様に背中を押されて、何とか人様に顔向けできるギリギリのところを転落せずに、生きてこられたようなところがあります。

その辺の考え、というか幼少時にヒーローものを鑑賞するメリットみたいなものを以前ココ→(「スーパー戦隊VS仮面ライダー」http://nych.net/sub/svsr.htm)で述べていますので、興味のある方はクリックして下さい。


20070111220043.jpg
「小太郎」に受けのよかった曲のひとつに、メタルヒーロー・シリーズ「宇宙刑事シャリバン」のエンディング・テーマ「強さは愛だ」という曲があります。


この曲は私も思い入れの強い曲なので、カラオケに行ってもヘビーローテーションで歌う曲です。


歌詞が素晴らしいので紹介したいと思います。







「強さは愛だ」



強いヤツほど 笑顔は優しい

だって強さは愛だもの

お前と同じさ 握ったこぶしは 誰かの幸せ守るため

倒れたら立ち上がり 前よりも強くなれ

苦しみを 苦しみを 越えようぜ

Oh!YES! 俺たち男さ 男さ



数え切れない 夜空の星でも

きっと誰かが夢見てる

お前と同じさ 明日が今日より いい日になれと祈ってる

悲しみに微笑んで 喜びに頷いて

思い切り 思い切り 生きようぜ

Oh!YES! 俺たち仲間さ 仲間さ







どうですか?



悲しみに微笑んで 喜びに頷いて」というスタンスは、当時まだ幼かった私にとっては、凄まじい衝撃でした。



「悲しみ」=「嫌な事」


「喜び」=「嬉しい事」



という単純な認識が覆されたのですから・・・(^▽^)



少年の頃に、この「悲しみに微笑んで 喜びに頷いて」という生き方のスタンスに出逢えたことは、私にとって大きなギフトでしたね(^▽^)
b0003180_1755476.jpg
posted by 大塚陽一 at 10:53 | Comment(6) | 燃え語録
この記事へのコメント
大塚さんに釣られにきました(≧▽≦)b(元ネタは本日の電王…)

「シャリバン」は…ちょうど特撮からいったん卒業した頃なので今一つ記憶が定かでないんですよね…(orz)直前の「ギャバン」は結構強烈に覚えているのですが(若さってなんだ ふりむかないことさ♪というED?はほぼフルコーラスいけます。話そのものはよく覚えてないのに)。こういう歌詞だったんですね。深い…!

ヒーロー物のテーマソングは大抵よく作ってありますよね。確かに不思議と少年の「燃え」を引出すものが多い気がします。昨年秋の「おかあさんといっしょ」の歌で「やるきまんまんマンとウーマン」という歌があったのですが、あれなんかはメロディも編曲も戦隊物のツボをあえて忠実に再現した曲でしたね(映像も意外に本格的でびっくり)。
私自身はヒーロー物の音楽については詩よりも曲の方に反応してるみたいで、音楽をきいているだけでじ〜ん…というのが多い気がします。特撮ではないのですが、一番反応するのは銀河鉄道999のOPです(人は誰でも幸せ探す旅人のようなもの〜♪で感極まる)。戦隊物はOPイントロで反応します…ガオレンジャーとかはすごく個性的なイントロで、あれだけですごい!と思いました。

戦隊物や水戸黄門のような紋切り型、勧善懲悪型は昨今何かと批判もあるようですが、それでも子供達の圧倒的な支持を得ているというのは、そこに一つの、少年の憧れの形があるのだと思うのです。戦隊物はぜひ子供向け娯楽の皮を被って批判を交わしつつ(!?)、あるべき正義感のスタンダードを示し続けて欲しい気がします。今日の多様な価値観を取り入れてモデル化を試みているのがライダー(これはこれで好きですよ〜v)なら、いつまでも変わらない永遠の少年を提供し続けるのが戦隊もの…であって欲しいですね。

すみません…長文コメントは私の悪いクセです…orz
Posted by がんがん at 2007年02月25日 13:23
がんがんさん!コメントありがとうございますっ!

>大塚さんに釣られにきました(≧▽≦)b

ぶw

いやぁ〜、モモタロスとウラタロスのバトルは、ウケましたね。

このままだと、リュウタロスとキンタロスがどんなキャラなのかが気になって気になって(^▽^)


>音楽をきいているだけでじ〜ん…


そうですね。
私的にはがんがんさんが反応する「銀河鉄道999」と同じ松本零士さんが原作の「キャプテン・ハーロック」とかが、号泣系ですね〜。
あの、(友よ〜、明日の無い星と知っても〜やはり〜守って〜戦うのだ〜♪)のとことか(T▽T)

あ、私もライダー好きなんですよ。
ただ、子供といっしょに観る時に、やっぱり、心配になってしまうんですよね。
こういった価値観の多様性をこの歳で提示されて同感じるのかな?と・・・。

その辺、戦隊モノなら安心なので(^▽^)
しかし、平成ライダーも電王で8作目ですよね。連続では昭和ライダー・シリーズを越えましたね(^▽^)


>すみません…長文コメントは私の悪いクセです…orz

いえいえ、メチャクチャ嬉しいです!!
また宜しくお願いします(^▽^)ノ
Posted by 大塚陽一 at 2007年02月26日 21:09
俺は、ゴダイゴが歌う映画版「銀河鉄道999」の歌が好きです。
Posted by 星野鉄郎 at 2007年02月26日 23:22
星野鉄朗様。

コメントありがとうございます。

私も、そして妻も、ゴダイゴが大好きです!
もちろん、映画「銀河鉄道999」も大好きなのでカラオケの時は、競って歌っています(^▽^)

本当に子供向けの歌って心の琴線に響く曲ばかりですよね。
Posted by 大塚陽一 at 2007年02月27日 10:57
「強さは愛だ 歌詞」の検索で来ました。

いいですよねー、あの歌詞。

もう25年くらい前ですが、それでも色あせません。

いま、あの歌がリバイバルしても、きっと売れると思います。
男の感動モンのドラマのエンディングとして。
Posted by leaves at 2008年11月01日 22:57
leaves様
コメントありがとうございます(^▽^)
ながらく放置で申し訳ありません。

昭和の特撮ヒーローものに限らずドラマなど含めて、いずれも主題歌は感動できるすばらしいものが多いですよね?

平成生まれの息子も昭和の番組のほうが平成以降のものよりお気に入りのようです。


もし、よろしければ、新しいブログのほうにもおいでくださいね^^↓

http://yootsuka-switch.seesaa.net/
Posted by 大塚陽一 at 2010年04月23日 06:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。