2007年02月26日

かきくけこビジネス

これからは、「か・き・く・け・こビジネス」の時代だ!と言われています。

もし、すでにこの「か・き・く・け・こビジネス」に携わっている方がいらっしゃったら、今日のこのブログが、ご自分の仕事を見つめ直すきっかけになれば幸いです。






「か」・・・環境ビジネス

もうすでに環境ベンチャーは多いですよね。

行政に任せては置けないということでしょうか?

私個人としては、子供たちと清掃運動を始めようかと考えております。

これは、何もムーブメントとか大袈裟な考えではありません。

我が子と私自身のためであります。



育児」=「育自」と繋がるものがありますね。





「き」・・・教育ビジネス

はい。

このブログをご覧の一部の方は、私がこの教育ベンチャーの準備をコツコツと始めていることをご存知ですね。

ええ、もう既存の教育機関や制度、教育関係者だけに任せていられませんよ。

教師というのは、聖職なのです。

そう胸を張って言える人達で協力し合って、使命感・意欲・志を共に今こそ立ち上がる機会だと思います!

因みに私の計画にある教育の場(私塾というか、寺子屋みたいなもの)は、「興許館」にしようかと思っています。「許す心を興す」という意味です。





「く」・・・食い物。農業もですね。

・・・これは本当に大切です。

いろんな意味で。

この「食」こそ我が天「職」と思える方に期待しています。

「食」とは、人に良いと書きます。

人に良いものしか「食」とは言えません。

本当の「食」を提供している会社を探してください。





「け」・・・健康。

昔は無かったような特殊な病気(花粉症アトピー)が広がっているのはなぜでしょうか?

平均寿命が延びているといいますが、ただ寿命が延びればそれでいいのでしょうか?





「こ」・・・高齢者向けビジネス。

団塊の世代もそうなんですが、今時のシニアは、ただリタイアするにはまだまだ元気な方ばかりだと思います。

そういった世代の知恵を借りながらお互いに楽しみながらイキイキとできるビジネスが、頭を捻ればドンドン出来るんじゃないでしょうか?




お奨め参考資料↓



国民の就職
posted by 大塚陽一 at 20:54 | Comment(2) | 独り言
この記事へのコメント
大塚さん,こちらにははじめてお邪魔します。
「かきくけこビジネス」というのははじめて聞きました。おもしろいですね。特に「かきく」の部分は私の仕事とも密着している部分があるので,尚更です。特に,先生と呼ばれる職業で,一応,教育機関に属していますが,今までは教育を,狭い意味でしかビジネス的な観点で捉えることは,ありませんでした。
今後も,何かと興味深いご意見を伺うことができればと,楽しみにしています。
Posted by にゃまうち at 2007年02月28日 16:16
にゃまうちさん、コメントありがとうございます!

にゃまうちさんのコメント、非常に嬉しいです!

(か)環境に命を捧げる会社

(き)教育に情熱を注ぐ会社

(く)食育を軸に子供たちの将来を考える会社

といったような「人類や地球・・・そして身近な人々の本当の幸せのために貢献」するような仕事に取り組み、そういう企業や人たちを応援して行きたいと思っています。

そういうパパじゃないと、我が子たちに父親と認めてもらえないでしょうし、そういう夫でないと、妻も胸を張って生きていけないと思っています。

私も、にゃまうちさんのブログにはドキっとさせられることもあり、耳寄りな情報もありで、楽しみにしております。
今後もマイペースで頑張って下さい!
Posted by 大塚陽一 at 2007年02月28日 20:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。