2007年02月27日

祝☆生誕93周年♪

本日2007年2月27日は、祖母の93回目の誕生日です。

祖母は、年齢を数えで言うので、94歳ということですね。




今日は、祖母の大好きな紫をベースにした花束を買って家族で実家に行く予定です。

今頃子供たちはメッセージカードに、お手紙を書いていることでしょう(^▽^)



この祖母が、子供たち(私の父と兄弟ですね)を日本に無事連れ帰ってくれなかったら、今の私も存在していないでしょうから、本当に感謝ですね。

以前も祖母が満州国から引き揚げて来たエピソードを書きましたが、その後、母に確認したところ・・・





敗戦確定のゴタゴタで満州国中が、てんやわんやしている時に、

「今は国中が混乱している時だから、俺は警察署に戻らなければならない。
署に戻って状況を確認し、公務を果たしてから帰ってくる。
俺が帰るまで家を一歩も離れるなよ」

と祖母に言って祖父は、警察署に向かったそうです。

その送り出した背中が、祖父の最後の姿だったそうです。




しばらくすると、祖父の部下が二人やってきました。

祖母と子供たちを日本まで護衛していくよう、祖父から命令を受けたそうです。

そして、ありったけの金を胴巻きや靴下や産着の中に隠して、日本まで帰ってきたという話しでした。







女手ひとつで、6人兄弟を育てた祖母も数年前から痴呆が始まってしまい、時々は私の事も、死んだ父の弟と間違えたりするようになりました。

妻や曾孫である「あきら」たちのことも、誰なのか理解してくれているのか、ちょと怪しいですが(^^;)

今年も、花の可憐さを楽しんでもらおうと思います。



posted by 大塚陽一 at 18:15 | Comment(0) | 私という現象は・・・
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。