2007年03月01日

クレヨンしんちゃん+ジャイアン=小太郎!?

今朝の「小太郎」は、病院に行ってから保育園に行ったので10時からの登園となりました。


実は昨日からお腹を下していて下痢ぎみだったので、大事を取って病院で診察してもらいました。

昨日も、折角の遠足だったのにお腹が痛くなったりで大変だったみたいです(^▽^;)



整腸剤をいただいて、妻が保育園に送って行ったのですが、帰ってくるなり苦笑していたので、

「どうしたの?」と訊くと、



妻が先生に、

「ウィルス性じゃなかったんで、大丈夫みたいで、良かったですぅ」(^ー^)

「あ・・・そうだったんですね、朝は下痢がひどくなかったですかぁ?」(^0^;)

「はい、一回だけトイレに行きましたけど、それほどでもなかったので」(^▽^)

「・・・そうですか・・・」(^▽^;)


と、ちょと残念そうだったそうです(^。^;)





うん!





わかる。わかる(^▽^)ノ





「小太郎」が居るか居ないかで、その日一日の先生の負担の度合いが全然違うでしょうからねぇ(^▽^)





いや、本当に大変なんですよ(^^;)





先生には、いつも関心してますし、感謝してますし、同情しています(@ぇ@;)





いや、本当の本当に大変なんです(^^;)





リアル「小太郎」をご存知の方は、今深ぁ〜く頷いてあるところだと思いますが、「小太郎」は・・・なんというか・・・

もう一昔も二昔も前に絶滅してしまったような昭和初期、まるで「三丁目の夕日」に出てくるようなガキ大将的幼児なんですよ(^。^川)







クレヨンしんちゃん」が、泥だらけの武闘派になった感じといえばご理解いただけるでしょうか?





ああ、そう「クレヨンしんちゃん」と「ドラえもん」に出てくるジャイアンを足して2をかけたら、「小太郎」になるかな?






もうね、みんなお手上げですよ。

いや、本当に。



妻の妹もよく遊んでくれるんですが、その仲良しの妹も、よく

昭和一桁か!?

と、いつも「小太郎」にツッコミ入れています。





なんか、まったく「小太郎」の傍にいる大変さが伝わっていないような気がしますが、ゲンコツかましても、



「痛くなぁ〜い」ヽ(^Q^)/





と舌を出すような「小太郎」を暖かく受け入れてくれる保育園と、先生に感謝しているんですよ。

という気持ちを、この場を借りて遺しておこうと思いまして・・・


っていくら待っても、今日もオチはないですよ(^∞^)

posted by 大塚陽一 at 11:37 | Comment(0) | 子供
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。