2007年03月11日

祖母の意識が・・・

8日の朝、祖母が倒れました。

そのまま救急車で、かかりつけの病院に入院しましたが、依然意識は戻らないままです。

出血した血の塊が脳を圧迫しているそうで、このまま意識が戻ることはまず無いようです。

かぞえの94歳なので、開いたりすると逆に体力が持たないということでしょうか・・・

私の両親や父の兄弟たち、祖母の里の親戚みんなが代わる代わる病室に詰めていてくれるのですが、祖母の状態は、今亡くなってもおかしくないし、このまま10日以上もってもおかしくないという状態らしく、何とも知れない感情をかかえたままで皆、病室に詰めています。

特に父は本家の統領としても、祖母の長男としても付きっ切りで体力的にも精神的にもとてもきつそうで、父の方が心配になるくらいです。

他にも色々と思うところはあるのですが、今日はこの辺で失礼します。


posted by 大塚陽一 at 10:05 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。