2007年03月19日

世界一好感度の高い国日本

2007年3月6日、イギリス放送協会(BBC)とアメリカのメリーランド大学は、2006年11月〜07年1月の間に行なった国際世論調査の結果を発表しました。

この調査は世界の27カ国の2万8000人を対象に、12カ国(日本、カナダ、フランス、イギリス、中国、インド、ベネズエラ、ロシア、アメリカ、北朝鮮、イラン、イスラエル)とEU(欧州連合)が「世界に好影響を与えているか、悪影響を与えているか」を質問したもので、「世界に好影響を与えている」と最も高く評価された国は同率で日本とカナダでした(^▽^)b





世界に最も好影響を与えている国は、カナダと日本――。



 英BBC放送と米メリーランド大学が27か国の約2万8000人を対象に行った世論調査で、日本の国際的影響力が高い評価を得ていることがわかった。



 調査は、昨年11月〜今年1月の間に実施され、英国、カナダ、中国、フランス、インド、イラン、イスラエル、日本、北朝鮮、ロシア、米国、ベネズエラ、欧州連合(EU)のそれぞれについて、世界に「好影響を与えているか」「悪影響を与えているか」を聞いた。



 「好影響」は、カナダと日本が54%で並んでトップ。

EU(53%)、フランス(50%)が続いた。

日本について「悪影響」との回答は20%。

否定的評価の方が多かったのは、中国と韓国だけだった。



 一方、「悪影響」との評価が多かったのは、イスラエル(56%)、イラン(54%)、米国(51%)、北朝鮮(48%)の順。



 同大の専門家は、日本に対する高い評価の理由として、「ソフトパワー(非軍事的影響力)を連想させる」ことを挙げ、軍事力を行使したり、追求したりする国への評価は否定的になる傾向があると分析している。

(2007年3月7日11時5分 読売新聞)





日本を、最も「好影響を与えている国」と評価した国はインドネシアの84%が一番多く、次いでカナダとケニア(74%)、フィリピン(70%)、チリ(69%)、アメリカ(66%)、ナイジェリア(65%)、イギリス(63%)などが日本を高く評価しています。



アジアの中でも、インドネシア(84%)、フィリピン(70%)が日本を高く評価していることは注目すべきでしょう!

いずれも大東亜戦争時に日本が進駐した国々でありながら、中国や韓国と違って好意的に日本を評価しているのですから!



この1年前の2005年10月〜2006年1月、世界33カ国約4万人に対して行なった同じ共同世論調査の結果でも、
日本が世界に好影響を与えていると回答した国は、世界33カ国中31カ国。


最高評価をしたのはインドネシア (85%)、次いでフィリピン(79%)、スリランカ(好50%、悪4%)、インド(好48%、悪13%)という風にアジア諸国の日本評価は、実は高いんです。

中国(好16%、悪71%)と韓国(好44%、悪55%)だけは、否定派が多かったのですが、世界33カ国中の2カ国となります。



一部マスコミが「日本軍が戦時中の占領地で残虐な行為を行なったため、日本はアジアおよび世界で孤立している」と煽っていますが、日本に否定的な評価をしたのは中国と韓国のわずか2カ国だけで、実際の日本は世界中からとても好感を持たれていることを、上記の世論調査の結果は証明していますね(^ー^)



一方、同調査で「世界に最も悪影響を与えている国」と評価されたのが、順番にイスラエル(56%)、イラン(54%)、アメリカ(51%)、北朝鮮(48%)、ロシア(40%)でした。

この結果に胡坐をかいてはいけませんが、もっと自信を持ちましょうよ!

自信を!



そして、お隣の国も好影響を与える国に選ばれるように引き上げてあげましょうよ!!

それが、日本の義務ではないでしょうか?

道を示してあげるのです。



昔から、いつもそうだったでしょ?

それが、日本の宿命ですから・・・ね。



この記事へのコメント
久々にやって参りましたvv
こういうニュース、とっても嬉しいですvv
読売新聞とってるのにこの記事は見のがしてしまいました。残念!

> 「日本軍が戦時中の占領地で残虐な行為を行なったため、日本はアジアおよび世界で孤立している」

これって、私は学校(教科書)でならってそのままそうだと思っていた記憶があります。でも、実は中国・韓国以外ではそんなに評価が悪くない(むしろよい)ことが最近になって分かってきて、なんだか騙されていたような気分です…

戦争という異常事態の中ですから、残虐行為が仮に行なわれたとしても不思議ではありません。しかし、私の認識が間違っていなければ、あの戦争は日本がアジアをまとめあげ、西欧の勢力に拮抗すべく、五族共和の理念を旗印にしていたと聞いています(そこで武力を使うあたりは確かにどうかという気もしますが)。もちろん、軍部の中心や利権にからむ集団はもっと不純な事情もあったでしょう。でも、末端の日本兵は、御国のためアジアのため、進駐して働いていた…ように思うのです。その結果、おそらく進駐していったほとんどの国から高い評価を受けることになった…そう想像しています。
それなのに、どうして中国・韓国からはそうまで思われなくてはならないのか…


中韓はどうも意識というか、価値観の面で日本と全く違うものを共有しているようです(最近それを実感する話題を目にしたのですが、既に長文ですので割愛します…)。

> そして、お隣の国も好影響を与える国に選ばれるように引き上げてあげましょうよ!!

もう大賛成です。でも、中韓はかえって嫌がりそう…(orz)

一方、日本人も、もっと自らのルーツを冷静に評価して、誇りを持つべきところは持っていきたいものです。実際、世界の多くの国は日本をよい方向に評価しているという事実は心づよいですよね。
ただ、どうもそういう動き(日本人が誇りを持つこと)を阻害する何かの力が働いているような気がします。勘ぐりすぎでしょうか…
Posted by がんがん at 2007年03月20日 02:57
がんがんさん。
コメントありがとうございます!

>これって、私は学校(教科書)でならってそのままそうだと思っていた記憶があります。でも、実は中国・韓国以外ではそんなに評価が悪くない(むしろよい)ことが最近になって分かってきて、なんだか騙されていたような気分です…

本当にそうですね!
私もそうですが、日本の子供たちは昔日本が、世界中に侵略〜戦争という形で迷惑をかけた・・・だから戦争はダメ!みたいな、根拠が歪な平和主義だったりしますよね〜f(^^;)

>中韓はどうも意識というか、価値観の面で日本と全く違うものを共有しているようです(最近それを実感する話題を目にしたのですが、既に長文ですので割愛します…)。

ほう!
それは、興味津々ですねぇ・・・ぜひ聞かせて下さいよ!

>ただ、どうもそういう動き(日本人が誇りを持つこと)を阻害する何かの力が働いているような気がします。勘ぐりすぎでしょうか…

ですね。
勘繰り過ぎではないですよ(^^)
ギャー人から見ると、日本人の資質が理解できないし、能力的にコワイようですから・・・アイデンティティを取り戻されると困ると考えていると思います。
Posted by 大塚陽一 at 2007年03月20日 14:25
リクエストを頂いた(と勝手に判断)ので、私の目にした記事を御紹介に来ました〜v

「魏晶玄氏が北米開発者に提示するアジアゲームユーザーの傾向(http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20070309/tiger.htm)」

今や中国・韓国はオンラインゲーム大国として知られていますが、欧米や日本のプレイヤーが、ゲームのストーリーや仲間との出逢い、質の高いグラフィックを楽しむのに対して、中韓のプレイヤーは、ゲーム外で売買してでも強いアイテムを手に入れ、不正プログラムを使ってでも経験値を稼ぎ、他のプレイヤーを一方的に攻撃する行為にも躊躇がなく、とにかくより強い存在になることが究極目的だというのです(要点をはっきりさせるために極端な書き方をしましたが、内容的にずれはないと思います)。ちなみに、ここでアジアゲームユーザー、といっているのは、文脈的には中韓のユーザーに限定されていると考えてよいと思います(中韓がアジアのスタンダードということでしょう…)。

これは、韓国の関係者が、韓国オンラインゲーム市場に参入しようとする外国メーカーに対するマーケティング講習として発言した内容で、韓国側はむしろ誇らしげに、「うちの市場に参入するのならうちに合わせた内容にしないと成功しないよ」ということで上記のことを語っているのですが…

…そんなプレイヤー嫌すぎ…

ゲームの話ということになっているので非常に分かりやすいのですが、要するにこれが一般の国民を含む中韓の基本姿勢なのでしょう(母集団がオンラインゲームをしている層ということで若干年代的嗜好的に偏りはあるかもしれませんが)。この価値観や意識の違いは、もはや埋めようがないんだろうな…となんだか物凄く実感しました。
日本としては、そういう違いを認識した上でおつきあいしていく必要がありそうです。


> アイデンティティを取り戻されると困ると考えていると思います。

私もそういう雰囲気を感じます。ただ、日本人自身も本来の資質をきちんと引き継げなくなってきているのではないかという危惧も同時にもっています(サービスエリアのゴミ投棄の話など聞くと特に…)。日本の財産は知力と技術力(そういう意味で先日のデンソー図面流出はとんでもない事件)であり、それを支えるのは日本人の倫理観道徳観であるように思います。人としての基盤の上に、優れた知を引き継ぐという形をこそ、教育に期待したいものです。
Posted by がんがん at 2007年03月21日 08:47
がんがんさん。
コメントとソース提示ありがとうございました。

確認しました!
以前、私はネットカフェの責任者をしていた事がありますが、その頃ネットゲームのクラン(仲間みたいなものです)を店舗単位でお客様と結成して、イベントやノベルティグッズ等で売上に結び付けて行こうという企画をおこなったことがありますが、その時、このPK問題を実際に経験しました。

で、ゲームのメーカーさんからも、同様の説明を受けましたが、ゲーム内ではPKを防止するために、PKを仕掛けたプレイヤーキャラは、ネーム表示が赤くなるような設定になっていて、誰彼構わずPKするプレイヤーは、「赤ネーム」と言われて忌み嫌われていたものでしたが、中韓のプレイヤーの多くは、逆に赤い事を誇っているそうで、赤=強いキャラみたいな認識だったそうです。
もちろん日本人の中にも、そういう認識のプレイヤーがいましたが、ほとんどの人は名前が赤くなるのを極端に嫌って赤ネームに襲われた時は(対抗して返り討ちにしても、自分も赤ネームになるシステムなので)相手にせずテレポーテーションで逃げるべし!
と言われていました。

>日本人自身も本来の資質をきちんと引き継げなくなってきているのではないかという危惧も同時にもっています(サービスエリアのゴミ投棄の話など聞くと特に…)。日本の財産は知力と技術力(そういう意味で先日のデンソー図面流出はとんでもない事件)であり、それを支えるのは日本人の倫理観道徳観であるように思います。人としての基盤の上に、優れた知を引き継ぐという形をこそ、教育に期待したいものです。

ですね。
いい意味でも悪い意味でも、日本人はロールモデルに真似ぶのが得意な傾向がありますからね。

ですから、私が将来やりたい私塾というのは、日本人の歴史や風土に学びアイデンティティを確立して、世界中の人々にそれを伝染させて世界中を自然にペイフォワードできる世界を作るためです。

因みに企業法人とNPO法人の中間、社会法人としての位置付けで考えております。

がんがんさんにも、ご賛同いただけたら嬉しいですね。
Posted by 大塚陽一 at 2007年03月22日 12:47
今頃すみません…
実はこの頃ちょうど実家に帰ったりしていて、こちらのコメントを最後まで見ることができないままだったのです…(遡ってみたかったのも実はそれもあって…)

> 私はネットカフェの責任者をしていた事がありますが

おお!ということは釈迦に説法のような話になってしまいましたね(^_^;)でも、実情を詳しく説明していただけたことで私のようにオンラインゲームしていない人間でもどういう状況なのかすごくよくわかりました!
赤ネーム…日本人にとっては卑怯ものの烙印が、中韓のプレイヤーにとっては勲章になってしまうんですね。もうこの感覚が既にわかりません。というか、わかりたくない…

> 日本人の歴史や風土に学びアイデンティティを確立して、世界中の人々にそれを伝染させて世界中を自然にペイフォワードできる世界を作るためです。

前半部分は文句なく大賛同です!
後半部分は、それこそ中韓のような価値観の国の存在を思うと…それを果たしてストレートに受け取ってくれるものなのか…と重い気持ちになりますが…


ただし、大前提として、やはり日本人自身が自らのアイデンティティを確立するというのはどうあっても必要なことだと思います。そのためにも、私達は日本について、良いことも悪いこともしっかりと学ぶべきだと思うし、その上で、日本人の価値観がグローバルな視点でも通用することを是非とも見届けたいと思います。
人を育てるということは、国の、ひいては世界の将来の可能性の種を蒔くということだと思います。私塾構想、ぜひ具体化していただきたいものです。応援しています!
Posted by がんがん at 2007年04月21日 02:17
がんがんさん。
コメントありがとうございます。

>赤ネーム…日本人にとっては卑怯ものの烙印が、中韓のプレイヤーにとっては勲章になってしまうんですね。

そうですね。
がんがんさんのおっしゃる通り、そんな感覚は分かりたくない!と私も思いますが、日本人は、何でも学ぶ(真似ぶ)のが、上手で、一旦輸入し始めると、踊らにゃ損!とばかりに浸透が早いので、心配です。

最近の何でも裁判に持ち込んだり、どっちが正しいかとかシロクロはっきりつけて、相手を叩きのめさないと気が済まない風潮は、欧米の悪しき影響ですよね。

>前半部分は文句なく大賛同です!
>後半部分は、それこそ中韓のような価値観の国の存在を思うと…それを果たしてストレートに受け取ってくれるものなのか…と重い気持ちになりますが…

そうですね!
がんがんさんのおっしゃる通り、私もその辺りは気が重くなりますが、それに対する答えは、今書いている途中の記事「いーじゃん♪いーじゃん♪すげーじゃん♪」で、同じようなテーマについて書いていますので・・・そちらを読んで下さい(と、誤魔化してみる^^;)

そう。
「仮面ライダー電王」の良太郎=日本というイメージで、私は考えています。

で、良太郎に憑依するイマジンたちも、敵のイマジンも=外国人かな?

まぁ記事を楽しみにしておいて下さい(^▽^)




Posted by 大塚陽一 at 2007年04月22日 14:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。