2007年03月28日

言いまつがい?言い間違い?

昨夜妻と一緒にTVを観ていると、「言いまつがい(だったかな?)」という番組が始まりました。

内容は、色々な事を言い間違えて言ってしまう事ってありますよね?

本当に良くあることだと思いますが、これが意外に面白い!

ということで、投稿されてきた面白おかしい「ふとした言い間違い」や「看板表記の書き間違い」を紹介する番組です。






『言いまつがい』は、ほぼ日刊イトイ新聞上にて連載されているコンテンツの一つ。

読者が言ってしまった恥ずかしい「言いまちがい」を「言いまつがい」と称し、楽しむコンテンツである。

最初は読者の勘違いやミスによる「言いまつがい」のみを扱っていたが、現在では行動のまつがいやメールのまつがいも含まれるようになった。このコンテンツは読者の応募という形をとっており、ほぼ日刊イトイ新聞上1、2を争う人気コンテンツに成長。また、2003年12月5日には東京糸井重里事務所より書籍化。この本には世界初の「製本まつがい」(例・カドが丸い、表紙に穴が空けられている、裁断が斜め等)が採用されていた。

2005年3月29日には新潮文庫より文庫化されるが、文庫のためこの「製本まつがい」は再現されなかった。

2006年11月23日には続編であり厳選版でもある『金の言いまつがい』『銀の言いまつがい』が東京糸井重里事務所より2冊同時に発売された。こちらも1冊目以上に「製本まつがい」が多い(例・ページ数は同じなのになぜか金が銀より2倍ぶ厚い、銀の表紙にガーゼが付いたまま等)。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』








何か本も出版されているようです!!



これが最高におかしくて、二人で腹を抱えて大笑いしてしまいました(^▽^)


例えば、「よし!」と「オッケー!」が混ざって、「よっけー!」とか・・・















・・・(;^▽^;)






あと、言い間違いではないんですけど記憶違いというか、人の名前とか単語をすぐ忘れてしまって、思い出せずに違う言葉(ニュアンスが近い言葉)に置き換えて言ってしまうところが私には多いらしく、職場やプライベートでいつも突っ込まれています(^^;)




しかし、妻は流石です。


この間も、



「ね〜、『ナナくん(妻のことです!)』が好きな女の子がCM出てたよ〜♪」

「え?誰?」

「え〜とね〜・・・あの外人さんのハーフっぽい・・・」

「ん?カエラちゃん?」





「いや、あの〜あれ、ヌーベル・ディザード!」


「ああ、もしかしてリア・ディゾン?」


「そう!それ!!」






という感じですf(^▽^;)


それにしても、何で通じるんでしょう!??

因みに「ヌーベル・ディザード」というのは、「重戦機(ヘビーメタル)エルガイム」という昔のアニメ番組に出てくる奴で、↓の画像の通りロボットの名前です(^▽^;)







で、リア・ディゾン嬢↓は、人気上昇中で最近CDデビューも果たしました。


試聴してみます?











posted by 大塚陽一 at 19:28 | Comment(0) | 夫婦
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。