2007年04月07日

「小太郎」と「みこと」TVデビュー(^▽^)ノ

昨日、妻はひさびさに収録(TV)の仕事だったのですが、今回は地方局の情報番組内での再現ドラマに出演する仕事でした。

で、役柄は鬱病の主婦役だったのですが、ちょうど保育園に通う子供が二人必要ということだったので、「こたくん」と「みこち」もデビューということになりました(^▽^)



しかし・・・「こたくん」は、やっぱり「こたくん」。

いつものように、にゃあがって他の収録とかまで邪魔して大変だったみたいです(Y_Y)



「みこち」は「みこち」で、ちゃんとお利口さんにしていたようですが、パパ役の人が、

さぁ〜パパと遊ぼうかぁ〜♪」(^▽^)

・・・パパじゃない!」(-д-;)

「・・・」(^。^;)



という感じでパパ役の方、

嫌われちゃったかな〜?」f(´▽`;)と困っていたそうです

・・・ごめんなさい(^。^;)





さて、どんな再現ドラマになったかは、九州の方なら確認できるカモ〜!

月曜〜金曜まで15:50〜放送されている番組で、今月9日の月曜日放送予定です!

興味のある方はご覧下さいね!






それはそうと、昨日ニュースで、「子ども芸能プロ脱税容疑、東京国税局が告発」というのがありましたね!




子どもモデル専門の芸能プロダクション「アトラスプロモーション」(東京都豊島区)など2社が、2005年12月期までの3年間に計約2億7000 万円の所得を隠し、法人税計約7000万円を免れたとして、東京国税局から法人税法違反(脱税)の疑いで東京地検に告発されていたことが分かった。

 両社の収入の9割は街頭でスカウトした親子から徴収する登録料や写真撮影料だったが、収入の一部を除外して税務申告していた。
 告発されたのは、アトラスプロモーションと系列の「ワイズプロモーション」(現アトラス、富山市)、両社の前社長で代表取締役の泉俊光・元税理士(52)。
 関係者によると、アトラスプロモーションは関東、ワイズプロモーションは関西で、15歳未満の子どもをスカウトして芸能活動を展開。両社とも泉前社長が全額出資して設立し、経理も担当していた。隠し所得は一部預金されていたほか、会社の入る豊島区や富山市のビルの取得に充てられていた。
 両社を巡っては、モデル登録した子どもの親から「写真撮影料などとして5万円払ったのに、全く仕事がこない」「金集めのスカウトではないか」との批判が、インターネットの掲示板やモデルの業界団体に寄せられていた。
 泉前社長の説明などによると、同社はスカウトを大量動員して親子連れに積極的に声をかけ、ピーク時には2万人もの登録者を抱えたが、実際に仕事が あるのは1〜2割程度だったという。業界関係者は、「モデルが所属先に登録料を払うのは一般的だが、アトラスプロモーションはモデル登録者数がけた違いに多くて問題だ」と指摘している。
 アトラスプロモーションは、男子プロバスケットボール・bjリーグの「富山グラウジーズ」のメーンスポンサーだが、スポンサー撤退を表明している。
 泉前社長は取材に対し、「(出身地の)富山にプロチームを作るために資金をつぎ込み、結果的に脱税した。反省しており、既に修正申告した」と話す一方、「モデル全員に仕事が回るわけではないことはスカウト時に説明しており、問題はない」としている。
(2007年4月6日14時41分 読売新聞)



脱税も問題ですが、『収入の9割は街頭でスカウトした親子から徴収する登録料や写真撮影料』とか、
業界関係者は、「モデルが所属先に登録料を払うのは一般的だが、アトラスプロモーションはモデル登録者数がけた違いに多くて問題だ」と指摘している。』というのが問題ですよね?



奇しくも昨年11月16日の『長男「小太郎」の事情』http://familyties.seesaa.net/article/27622189.html
で、私はこう述べていました。



※さて、他のモデル事務所にスカウトと書きましたが、これを読んでいるパパさん、ママさん。
もし、お子さんが、スカウトされたら、気をつけて欲しいのですが、今時モデル事務所、タレント事務所は、ピンからキリまで、それこそ星の数ほどあります。
その中で、ほとんどの事務所は、所属モデルや所属タレントのレッスン料を収益の柱としている事務所が存在すると言う事です。
もちろん、中には、ちゃんと所属モデルや、所属タレントのこなす仕事を、収益の柱としている真っ当な事務所もありますが、極端に数は少ないと考えていいでしょう。
ですので、あまりに高額なレッスンを必須とする事務所かどうか、しっかり見極めてから、お子さんを所属させるかどうかを決めてあげて下さい。
これは大丈夫だとは思いますが、契約書も、必ず隅から隅までしっかりと目を通して、良く意味が分からない項目があれば、恥ずかしがらずに納得行くまで、しっかり質問して下さい。
(当ブログ記事より抜粋)



親心を巧みに利用する手口。許せません!!

posted by 大塚陽一 at 10:11 | Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
見ましたよ〜〜。奥様相変わらずかわいくて細かった!!(うらやましい・・・)

確かに、パパ役の人は、大塚さんではありませんでした。「パパじゃない!」って正直ですね(笑

こたろうくんは、元気に飛び跳ねていて、「これが噂の・・・」と思うとかわいくて笑っちゃいました。みことちゃんももちろんかわいかったです!!
Posted by tamagonta at 2007年04月12日 09:05
gontaさん、ご無沙汰しています。
コメントありがとうございます!

めちゃめちゃ誉めていただいて、ありがとうございます!
本人は、肌荒れがひどい時に撮影だったから、悲しいと言っておりましたが!

「こたくん」と「みこち」は、普段もあんな感じで、常に飛び跳ねているので下の階の方には申し訳なくて申し訳なくて・・・(^^;)

「みこち」の「〜じゃない!」というのは、機嫌が悪い時の口癖ですね。

「かわいい♪」
「かわいいじゃない!」
「みこちゃ〜ん♪」
「みこちゃんじゃない!」
「なんで・・・」
「なんでじゃない!」

という感じです(^▽^;)
Posted by 大塚陽一 at 2007年04月14日 17:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。