2007年05月09日

不苦不得

どうも、いけませんねぇ・・・

まだまだ気持ちの整理がついていません。

それがもとでブログの更新も停滞気味・・・ご心配とご迷惑をお掛けしております。



尊敬する本多静六翁も、
「人生における七転び八起きも、つまりは天の与えてくれた一種の気分転換の機会である。
これを素直に、上手に受け入れるか入れないかで、成功不成功の分かれ目となってくる。
若い、将来のある人々で、七転びどころか、一転びしただけで、もう起き上がる勇気を失う者の多いのははなはだ遺憾である」

とおっしゃられていました。







しかり。

しかしながら、私はまだまだ未熟者・・・頭では十分に理解・納得できているのに、なかなか娑婆っ気が抜けずに心は乱れてばかりです(TAT)



どうも、いけませんねぇ・・・



我社では・・・

人財育成という美名の下、実際はワーキングプア層を量産している現状。

「いやいや、我々はこの状況の中、仕事を通じて、どこに出しても通用する重宝される人財を育成するんだから。そういうすばらしい仕事をしているんだから」

といって、現実から目を逸らしながら、スタッフを騙す。

実は教育には関心が無い役員。

「経営理念は建前だから、その辺、はき違えないように!」と豪語する各部署長。

スタッフと理念に基いた目標を設定しても、それは設定するだけ。

一緒に達成する気なんか毛頭無い・・・いや、もとい。

「達成できる!」と、自分とスタッフを思い込ませながら、でもこれっぽっちも信じちゃいない。

・・・という前に、本当にスタッフと目標設定している担当社員が、一人でも居るのかどうか?

こういう営業指針(暗黙の了解レベルですが)でいいのでしょうか?

本当にクライアント、スタッフ、そして我社自身のためになっているのか?

日本のためになっているのか?

世界のためになっているのか?



社員全員が気付いていながら、「いやいや、こんなネガティブシンキングじゃダメだ!」と何とか誤魔化しながら自分とスタッフの背中を押す。



まぁ、つまり後ろめたいんですよ・・・



私が全スタッフの担当をする訳にもいきません。



実は、会社の為にも成らないんですよね。



それも、みんな気付いているのに・・・








もうね。

これって日本の現状と何も変わりないですよ。



しかも、政治に物申すのとは違って、こっちは明日の食い扶持が絡んでいますからね。

家族の生活がかかっている。

昔のように、思う存分行きたい方に行く訳にはいきません。





しかし、このまま放置するのは良心が許さないでしょう。





準備を完了させて物申すしかないでしょうね。

準備。

つまり会社からの収入を失っても、大丈夫な準備。




って、この間とまったく同じ結論になっちゃいました(^□^;)





やっぱりそれしかないんでしょうねぇ・・・不苦不得ということでしょうか。










posted by 大塚陽一 at 10:34 | Comment(2) | 独り言
この記事へのコメント
苦しい状況お察しします(涙)
私も上の方針と自分の信じるところが噛み合わなかった時期に、転職も含めかなり悩んだことを思いだしました。幸い状況は後にやや好転したので、進退窮するところまでは至りませんでしたが、当時の私は視野が狭かったので、本来ならもっと学ぶべき事柄をきちんと学び取ることなく過ごしてしまったことを、今になって恥ずかしく思いつつ反省しています。

その私から見れば、今、大塚さんが誠実に悩んでいらっしゃることそのものが尊く感じられます。
今後どういう展開になろうと、大塚さんの今の姿勢に応える収穫があるものと信じています。
お辛い状況ですが、気長に冷静に、
頑張って下さいませ。
Posted by がんがん at 2007年05月10日 17:52
がんがんさん。
暖かいコメントありがとうございます。

今、我社は危険に遭遇したダチョウと同じで穴ぼこに頭を突っ込んで、危険が去るまで待っている状況です。

しかも自分が頭を突っ込んで危険から目を逸らしている現状に気付いていません。
みんな「このままでは・・・」と思っているのに・・・

本当に今の日本と同じ状況なんですよ^^;


がんがんさんのおっしゃるとおり気長に冷静に頑張ります!

一人だけの問題ではありませんからね!

ありがとうございます!
Posted by 大塚陽一 at 2007年05月11日 19:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。