2007年05月13日

ゲキレンジャーの愉しみ方




毎週日曜日7時30分から始まる「スーパーヒーロータイム」ですが、今年は8時から始まる「仮面ライダー電王」の出来があまりにも素晴らしく、歴史に残る名作になりそうな風格満点な作品であるため、その前に放送される「獣拳戦隊ゲキレンジャー」の存在感や印象が薄くなっています。





しかし、それは決してゲキレンジャーが駄作ということは無く、あまりにも電王が凄過ぎるから、どうしても影が薄くなっているのです。



ただゲキレンジャーは、以前の記事「ゲキレン電王、も〜最高!」↓

http://familyties.seesaa.net/article/36161923.html

で触れたマスター・シャーフーの猫ネタとか、「分かる奴には分かるけど分からない奴にはまったく分からんやろうね〜」というネタが多すぎるのも、原因の一つだと思います。






若い頃、香港製カンフー映画にハマり、中国武術をやっていた私だからこそヒットしているのかもしれないゲキレンネタですが、「獣拳戦隊ゲキレンジャー」にはゲキレンジャーの修行をサポートする拳聖という動物をモチーフにしたマスターが現れるのですが、その一人目が、象さんをモチーフにしたマスター・エレハン(エレファントということですね)・キンポーというキャラが居ます。
elehan2.jpg


この拳聖という存在は、動物をモチーフとしていると言いましたが、その名前はカンフー映画のスターの名前がモチーフになっています。





例えば、エレハン・キンポーは映画「燃えよデブゴン」や、「五福星」シリーズで有名なサモハン・キン・ポーの名前から来ています。
しかも、マスター・エレハンの声を充てるのは、サモハンの吹替えを担当している水島裕さんなんですねぇ〜(^▽^)



もうすぐ次の拳聖であるコウモリをモチーフにしたバット・リーが登場予定ですが、これは映画「少林寺」シリーズや「リーサル・ウェポン4」などで有名なジェット・リー(元リー・リン・チェイ)ですね!





さて、今後も何人かカンフー映画のスターの名前をもじった拳聖が登場する筈ですが、果たして誰の名前をもじるんでしょうか?



という風に妄想を膨らませながら見ると更にゲキレンジャーを楽しくご覧頂く事が出来ると思います。

私の予測では・・・





ブルー・リスー(ブルース・リー)とか・・・


モンキー・チェンとか、ハスキー・チェン(苦しいけど、ジャッキー・チェン)とか・・・





テン・ピョウ(もちユン・ピョウ)(^▽^)





・・・の前にテンって動物、みんな知ってるのかなぁ?

posted by 大塚陽一 at 10:00 | Comment(0) | 子供
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。