2007年05月15日

いじらしいやら、愛らしいやら・・・

先日13日は、「母の日」でした。

あなたは、お母さんに何かしてあげましたか?

私は『無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法』という書籍をプレゼントしました。





著者は「公認会計士二次試験に史上最年少の19歳で合格」とのこと。



これだけでもすごいと思ったのですが、その後、子育てしながらフルタイムの仕事をこなしながら、中小企業診断士、オンライン情報処理技術者の資格までとってしまったという著者勝間和代さんが、その勉強法を惜しげもなく公開した一冊です。


冒頭で、「勉強でいちばん大事なのは、勉強の内容そのものではなく、勉強をうまく続かせる仕組みづくりであり、意識づくり」と喝破する著者が、効果的な勉強の仕組みづくりを作るために、どんな風に、お金と時間を使うべきか、自分の能力を高めるためにどんなスキルを習得すべきかを説いた、非常に刺激的でありながら、あっさり読めてしまう読み易い本です。


本当に一見の価値がありますよ!


特に「努力しようなんて間違っても思わないように!」という勝間さんのシステマチックな勉強法は、元来怠け者の私にとって、非常に嬉しく、ありがたい勉強法ですし、もともと勉強好き学び好きな母には、これ以上持って来いのプレゼントは他にないと思いました!





そうそう今年は、妻にも娘から「母の日」のプレゼントがありました。



これが、もう、いじらしいというか、愛らしいというか・・・涙がちょちょ切れそうになりました。






我が家の長女「あけちゃん」が、お小遣いで買ったアイシャドウとカーネーション、それと妻の似顔絵をプレゼントしていました。



で、そのアイシャドウはお祖母ちゃんに「100均」へ連れて行ってもらって買ったそうですが、

ママ、ずっと前それと同じ色の買っとったやろ?」(^▽^)と言っていました。



以前妻が「あけちゃん」を連れて「100均」に行った時に、アイシャドウを買ったこと、そしてそのシャドウが、何色だったかを覚えていたんですねぇ。



あんなに忘れっぽい「あけちゃん」が・・・(T▽T)



もう!



可愛いやら、いじらしいやら・・・

・・・本当に子供というのは宝物ですね(^▽^)

posted by 大塚陽一 at 18:33 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。