2007年05月16日

ずっと君を探していたんだ

「ずっと君を探していたんだ」


青い鳥を探すよりも

青い鳥を探すよりも



僕が青い鳥になろう



僕が青い鳥になって



青い鳥を探している人の所に飛んで行こう



そしてこう言おう




「ずっと君を探していたんだ」


これは、もう約12年前に作った詩です。



私が初めて(当時はまだつき合ってもいなかった)妻をモデルに写真と詩をセットで一つの作品として、個展を開いた時の表題作である詩です。



まさか、結婚するとは思ってもみなかった頃です。



たった一週間ほどの告知もほとんどしなかった個展なので、集客もほとんどないものでしたが、全力で妻に愛を叫び、全身全霊で生きる喜びを感じた一週間でした。

達郎の曲のフレーズで、

♪〜神々よ集まれ讃えよこの愛を〜♪

というのがあるのですが、このフレーズにすごく共感できた一週間でもありました)






妻は間違いなく、私の青い鳥でした。

そして、三人も青い鳥を増やしてくれた。

ありがとうございます。



タイミングと気が合い過ぎて、よくカチン!と来る二人ですが、これからも宜しくお願いします。

読まないだろうけどね(^0^;)



posted by 大塚陽一 at 22:19 | Comment(0) | 夫婦
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。