2007年05月30日

5つの「ジンザイ」について・・・その五「人済」

5つの「ジンザイ」の最後は「人済」ですね。



これは、呼んで字の如く。

すでに終わってしまっている人という事です。



「人罪」や「人在」に似ている印象を持つかも知れませんが、この「人済」は万事に関心を持たず無気力・無関心・無感動と三無主義の権化と言っても過言ではありません。

どんなに簡単な仕事を与えても充分にこなせず・・・かと言って決定的な失敗も無い(元々そんなレベルの仕事を任せられない)ので排除(解雇)も出来ず・・・

という非常に困った存在であります。



三無主義の権化のようだと先ほど述べましたが、利権に関しては意外にウルサイ存在となります。

特に自らの努力や工夫が無くとも得られる既得権や所有権に関しての主張は激しいもの(「人罪」並みの主張)があります。

例えば・・・仕事で残業が発生する時、残業するかどうかの判断基準が、残業代が発生するかどうかであったり、時給で働いているケースで業務終了後も、おしゃべりしたり何だかんだでタイムカードの打刻を延ばしたりします。

それでいながら、イザ打刻するとサッと帰ってしまうタイプと言えばイメージし易いでしょうか?



では、ここで「人罪」と「人材」、そして「人在」と「人済」が共通して持っていて、「人財」のみが持っていない考え方、感じ方の特徴をお伝えしたいと思います。
「人財」と、「人罪」「人材」「人在」「人済」といった四つの「ジンザイ」との決定的な違い。



それは、「内省」できるかどうかです。



「内省」という言葉を、あなたはご存知でしょうか?

「反省」に似ていますが、あまり聴き慣れない単語だと思います。



この「内省」という考え方、感じ方はとても大切な事なので、次回しっかり時間とスペースを設けて説明したいと思います!


ご期待下さい(^▽^)

posted by 大塚陽一 at 16:27 | Comment(2) | 人財共育の手引き
この記事へのコメント
久々に訪れました!実は、先月中旬からパソコンが不調で(多分電源コードのトラブルだと思うのですが、起動しなくなり…)、この機についに新しいMacを買いました!…すごい出費でした(orz)
それはともかく、おかげでこちらのサイトをストレスなく閲覧することができるようになりました。また張り切って読ませていただきに参ります〜vv

ところで、この五つの「ジンザイ」のお話、とても勉強になります。続きが気になります。ついつい自分はどうだったんだか…と反省したりして(>_<;)でも、この「ジンザイ」について把握することは、下々の者(笑)はともかく、上に立つ者は必須のことですよね。ちゃんと対応とか配置を工夫してくれるとか。これを把握していない上司に直面すると、下々も大変です…(T-T)
Posted by がんがん at 2007年06月02日 17:27
がんがんさん、コメントありがとうございます!

お久し振りです!

>ついに新しいMacを買いました!

がんがんさんもMACユーザーだったんですね!
私のiMACも、もう6年目でちょとくたびれかけのように感じてきています(^^;)



内省に関しては、ちゃんとしっかり解説しますので、楽しみにしていてください!



電王も盛り上がっていますね!
我が家は家族全員で映画に行くつもりです(^▽^)
Posted by 大塚陽一 at 2007年06月04日 17:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。