2007年07月25日

雨ニモアテズ 風ニモアテズ・・・

東北の某医師が、ご存知宮澤賢治の「雨ニモマケズ 風ニモマケズ・・・」の詩をモチーフに、現在っ子を詠んだという詩を見つけました。

ちょと面白いので、紹介したいと思います。



 
雨ニモアテズ 風ニモアテズ

 雪ニモ 夏ノ暑サニモアテズ

 ブヨブヨノ体ニ タクサン着コミ

 意欲モナク 体力モナク

 イツモブツブツ 不満ヲイッテイル

 毎日塾ニ追ワレ テレビニ吸イツイテ 遊バズ

 朝カラ アクビヲシ  集会ガアレバ 貧血ヲオコシ

 アラユルコトヲ 自分ノタメダケ考エテカエリミズ

 作業ハグズグズ 注意散漫スグニアキ ソシテスグ忘レ

 リッパナ家ノ 自分ノ部屋ニトジコモッテイテ

 東ニ病人アレバ 医者ガ悪イトイイ

 西ニ疲レタ母アレバ 養老院ニ行ケトイイ

 南ニ死ニソウナ人アレバ 寿命ダトイイ

 北ニケンカヤ訴訟(裁判)ガアレバ ナガメテカカワラズ

 日照リノトキハ 冷房ヲツケ

 ミンナニ 勉強勉強トイワレ

 叱ラレモセズ コワイモノモシラズ

 コンナ現代ッ子ニ ダレガシタ





「・・・ダレガシタ」で、終われないのが、これからの世界を背負う若者を育てるべき我々です。

では、どうすればいいのか・・・

誰もが判っているのに・・・

あるいは、何となくイメージできるのに・・・

なかなか実行できないのが、現代の我々の社会でもあります。




しかし、人の所為にして次の人たちに任せようとする風潮は、そろそろお終いにしなきゃ、ならない。



今更、ご先祖様を責めて何かが変るわけでも無し。

自分の境遇を恨んで何かが変るわけでも無し。



ご先祖様の残した遺産も、課題も、罪も、全部ひっくるめて、そろそろなんとかしないと・・・それこそ雪ダルマ式というやつだ。



自分の事は自分でする。

なんのことはない、

当たり前のことなんだ。
posted by 大塚陽一 at 12:36 | Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。