2006年11月14日

脚?!のあるイルカ捕獲!!

和歌山県で後ろ脚があるイルカが捕獲されたそうです!
uma-126-01.jpg
体長2.72メートルの雄で、5歳くらい。
10月28日朝、同町沖約9キロの熊野灘で、捕獲した118頭のうちの1頭だそうです。
イルカなど鯨類のほとんどは、胸びれ1対のほか、尾びれ、背びれがあるのですが、このバンドウイルカには生殖器と肛門(こうもん)の間に、更に手のひら大の1対の腹びれ(脚?)があったそうです。
uma-126-02.jpg
以下、毎日新聞から引用抜粋〜

和歌山県太地町の町立くじらの博物館(林克紀館長)は4日、胸びれとは別に、腹びれを持つ極めて珍しいバンドウイルカ1頭が見つかった、と発表した。同博物館は「鯨類の祖先が21世紀に出現したといえる。胎児にはある陸上生活の痕跡の後ろ脚が退化せず腹びれとして残ったと考えられ、突然変異による 先祖返りのイルカではないか。学術的にも貴重な発見」としている。
 
 同博物館名 誉館長で日本鯨類研究所(東京)の大隅清治顧問(76)は「長く研究しているが、このような個体は初めてで、生体でもあり世界的な財産。他の部位に異常はなく奇形ではない。餌付けし繁殖に結び付けるため、専門の研究プロジェクトを作りたい」と話している。


                           〜引用抜粋終わり


最近のDNA研究でクジラの先祖はカバという結論が出たらしいので、当然イルカの先祖もカバという事になるから・・・
う〜先祖返りなんですね。

ノアの大洪水を生き延びた生きた化石とかだったら、嬉しかったんですが・・・^^;




posted by 大塚陽一 at 18:45 | Comment(0) | ふ〜し〜ぎ〜いっぱい♪はてな♪
RDF Site Summary
RSS 2.0

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。